デリヘル男子求人について

デリヘルは男性スタッフの花形はドライバー!?

男性が風俗業界で働く場合はどのような職種があるのか?いろいろと気になるところだと思います。大手風俗情報サイトなどの求人情報を見れば一発ではありますが、敢えて、ここではデリヘルのドライバーに目を向けてちょっとしたお話をしていきたいと思います。デリヘルドライバーに関しては常に人手が足りない状況で、デリヘル店としては喉から手が出るほど欲しい人材となっています。一昔前まではかなり悲惨な給与形態で人気が全くなく誰もやりたがらないというイメージが強かったですが、今では、かなり改善してきているお店も存在します。要は、デリヘル店も健全経営が「主」となってきたと言えると思います。そして、時代が変わるにつれて「花形」の職業にもなりつつあります。 いかに迅速に、いかに時間通りに、いかに安全にというようなテーマを頭に入れつつ頑張っていく職業となります。

◆給与は良くはないのは変わらない? 正直なところ、ドライバーのみの業務だとお世辞でもよいとは言えない給与となっています。また、現場からは仕事量の割には給与が少ないという声も聴かれます。確かに、人気デリヘル店ともなると、あちこち足を運ばないといけないため、かなりの仕事量になることは間違いありません。さらに、深夜から朝方にかけては道が空いているとはいえ肉低的に苦しい時間帯です。よって、もう少し貰ってもよいかなというのが現状となっています。

◆待機時間を上手く使える(ただし待機時間もチェック対象) ドライバー業は、当然暇なときもあります。お店によっては異なりますが、ボーっと車内待機している場合もあるようです。 ですので、この待機時間を上手く使えば有意義な仕事となります。例えば、ゲーム好きであればポータブルゲームを持ち歩けば暇を見つけて小まめにできたりと…。ただ待機時間中は「給与がつかない」という場合もあります。この辺りは、面接時などにしっかりと確認しておきたいところです。

◆デリヘル嬢のケア業務も兼任? 仕事が終わったデリヘル嬢の愚痴を聴くことがケア業務となります。デリヘル嬢たちから相当嫌われていなければ「さっきのお客さんは○○で嫌だった」などの愚痴が自然とこぼれてきます。これを聴いてあげるというわけです。たまに「どう思う?」などの質問もありますが、無難に答えておきましょう。これだけでも、デリヘル嬢のストレスは幾分発散できるので、しっかりとケアをしてあげたいところ。

※参考サイト : デリヘル情報 デリヘルスクエア
(デリヘルドライバーのインタビュー記事が多く掲載されていましたので参考にさせて頂きました。全国のデリヘルを専門に掲載している情報サイトですが、業界内の裏話なども掲載されていて面白いです。)

デリヘル店での「店長」という立場は?意外と大変な業務!?

男性スタッフの募集項目でよくみる「店長候補」募集の文字。デリヘル店などは、とにかく「数勝負」と言う部分もあるので、1つのお店が起業して「波に乗れば後は誰かに任せて新しいデリヘル店を起業したい」という野心を多く持っている方がいるのが現実です。したがって、このような「店長候補」として男性スタッフをスカウティングしたいわけです。もちろん、電話対応バイトやドライバーバイトのように下っ端で働き続けて「楽」をしたいという考えも働く上では重要な考え方だと思います。そんな中、店長になって儲けたい。好きな風俗店を作り上げたいという野心を持っている方もいるのもまた事実。ある程度、波にのっているお店を選ぶことができれば、これほど美味しい話はないと言えます。もちろん、客商売なので「簡単」なんてことはまずありえません。この点を含め店長候補の募集についていろいろと以下より記載していきたいと思います。

◆小規模なお店であれば店長のみでオッケー? デリヘル嬢が数人という状況であれば、意外と1人だけでの運営というのはできるものです。ただし、かなり制約される部分もあるため、吟味が必要ではあります。例えば、2人同時に同じ時間の予約があった場合には捌くのが不可能となってしまいます。よって、1人は電車やタクシーなどで1人でいかせお金の管理までしてもらい、1人は送迎するという形。 なかなかリスクがあるため、予約の1つを断るか時間をずらすなどの方法もあります。ただ、回転が大事な業種のためこのようなことをしていると、やはり限界というのは目に見えています。よって、店長のみの経営は可能だけど限界があるといったところです。

◆ある程度の大きさであれば「経理」が大変 お店が大きくなってくると、大変なのが「経理」です。もちろん、他の業務も忙しくなるので大変ではありますが、ずば抜けて大変なのが経理というわけです。いろいろなイベントやポイントカードなどシステムが複雑だったり、さらにデリヘル嬢へ支払う給与形態も複雑と、さらに苦しい思いをします。お金のことなどでいい加減にすることもできず、切羽が詰まってしまうわけです。 店長としては、ここが上手くさばけるか?にかかっているかもしれませんね。もし利益が大きいのであれば、経理を専門に扱う社員を雇うなどしてもよいかもしれません。店長としての仕事量が減って他に注力できるのでよい循環になる可能性もあります。とにかく経理の重要性はいうまでもありません。

 

幹部候補の募集ってなに?幹部候補は何するの?

通常、求人情報をみていると「幹部候補」という文字はあまり見ることがありません。これにはちゃんとした理由があって結局のところ「なんの幹部なの?」という疑問が沸いてしまい「怪しい感じがしてしまう」というデメリットがあるため幹部レベルの人材が欲しい場合は素直に○○部長募集。のような文面になります。業種柄で詳しい名称の募集がかけれない場合は、やむえず幹部候補募集となります。これはあくまで一般企業の話であり、風俗業界、とくにデリヘル系には実はよく見る字なのです。そして、一言で幹部候補と言っても、大きく分けて2種類の幹部候補というものがあります。 今回、ここでは、この幹部候補のいろいろなネタを紹介していきたいと思います。世の中にはそんな上手い話はないということを念頭に置いて読んでもらえると幸いです。

◆小規模店の幹部候補はバイトと変わらない 1店舗のみしか構えていないようなデリヘル店であれば、幹部というのは名だけで普通のバイトと何ら変わらない。そんなこともあるので、求人情報に幹部候補という文字があっても「鵜呑み」をしないように気を付けましょう。ただし、将来性があるようなお店で、今後、店舗を増やしていくビジョンがあれば、かなり美味しい立場に早変わりする可能性を秘めていることも否定できません。要は、店舗をどんどんと展開をしていくとき尽力すれば、その分の見返りが大きい可能性があるわけです。 やはり古株で頑張ってくれた人にはその頑張りを報いたいと思うのが人の常というものです。

◆グループの幹部候補であれば頑張り次第 大規模なグループデリヘル店の幹部候補であれば、努力次第、かなりのポジションに立つことができるかもしれません。 ただ、大規模だけあってライバルは多くいます。さらに、このライバルが「非常に仕事ができる」こんな場合もあるので高い壁と言えるかもしれません。こればかりは時の運というところもありますが、それすら乗り越えるような頑張りと結果を出したいところですね。

◆結局、言葉遊びになってしまう幹部候補 ともあれ、幹部候補という募集。結局何なのか?という話になると「なんだろう?」となってしまうのが正直なところ。 したがって、幹部候補での募集だった場合は言葉遊びになる前に、しっかりと「将来的にどうなるのか?」などの確認はとっておきたいところです。ここであやふやな答えをしてくるようなお店は「いいように使われてお終い」という可能性も否定できないので警戒することになります。

 

デリヘルではかなり重要なポジション「受付」

男性客としてデリヘル店でお世話になるとき、良いお店か?の判断材料として挙げられるのが受付スタッフの対応の良さがあります。これが、非常にヘタレな対応をされてしまうと、そのまま電話を切ってしまう方も多く見えるかと思います。受付の教育がなっていないようなお店は、こぞって「悪店」の確率が高いからです。反面、人気店と呼ばれる受付の男性スタッフは非常に明快に説明をしてくれたり、話をスムーズに持って行ってくれたりと、重要な「窓口」のポジションをこなしてくれるので男性客としては安心感がありますよね。 ということで、ここでは男性スタッフの募集の中でも非常に重要なポジションとなる受付について記載をしていきます。 初めて風俗業界(デリヘル)で働くことは、かなりの未知の領域だと思います。その不安を少しでも取り除くことができれば、この文章を書いた甲斐があるというもの。是非、ご一読して頂ければ幸いです。

◆人気店は徹底した指導がある 直接、お客さんとやりとりをする立場の人間のため、人気店や大手グループのデリヘル店であれば、徹底した接客マナーを叩き込まれる可能性があります。言葉が悪いですが、どうしても業種が特異なため無茶な要求をしてくるお客さんも見えるものです。そこを上手にやんわりと断ったりする能力も必要となるため徹底した指導があるわけです。 また、お客さんに対して「ちょっと得をする」ような情報をさらっと提供するのも1つの接客スキルでもあるのでこういったことも身に付けたいところです。

◆時間管理・値段管理が瞬時にできる能力 誰が何時まで勤務しているか?どんな予約が入っているか?今、どこにデリバリしているのか?などのデリヘル嬢の状況を即座に把握できる能力があると円滑に接客ができ評価されます。このやりとりが上手くできるか?でお店の回転率がかなり変わるため能力が高ければ高いほど重宝がられるのは言うまでもありません。そして、システム料金、オプション料金などもしっかりと把握してお客さんが望んだプレイの内容で直ぐに「合計料金」を出せると、さらによいといえます。

◆デリヘル嬢を把握しておく必要がある フリーのお客さんなどは、大まかなタイプぐらいを指定してくることがあります。例えば「スレンダーな子」だったり「話しやすい子」だったりと、スタイルから性格までさまざまな指定となります。これを即座に答えることができるような知識も持っていないといけません。出入りが激しい業種なだけあって全てを把握するのは難しいかもしれませんがここが腕の見せ所といったところでしょうか。

 

大事な「事務」と「Web」スタッフ

飲食系などをはじめ、さまざまな分野で素晴らしいお店というものが存在します。その素晴らしいお店は、必ずと言っていいほど「裏方さんがしっかりしている」ということが共通項としてあげられると思います。これは、デリヘル店も同様のことが言え、裏方である事務職やWebスタッフの力がかなり重要とされています。なので男性スタッフの募集の内容で多くなるのが、この二つとなります。特に今はWeb系スタッフの募集が強く望まれている状況のため、少しでもよいので触れると重宝される可能性があるわけです。このあたりの詳しい話は後述しますので参考にしてみてください。 事務に関しても非常に重要な仕事になるので、こちらも需要の高い職種となります。このようにデリヘルで働く男性スタッフも女性スタッフと同様で慢性的に人手が足りない状況に陥っているのが現状です。したがって、意外と募集が多いのも現状です。

◆事務系スタッフのお仕事 事務系のお仕事の代表的なものは「経理」です。お金の出入りをしっかりと管理しお店の利益をあげるためには、どうしたらよいのか? を考える基礎の部分にもなります。また、お客さんの流れなどを把握するにも重要な仕事になります。要は顧客管理です。 デリヘル店を経営していくには、このような事務系の仕事が非常に大事になるわけです。さらに、他にも雑務は多くあり待機所の清掃だったり、デリヘル嬢の出勤チェック、シフトを組むなどなど、数え上げたらキリがないほどです。 まさに縁の下の力持ちは、このことを言うのだなと感心するほどです。ただ、これだけのことを1人でこなすのはやはり限界というものがあります。人気店にもなると、細かく仕事が割り振りして、円滑に進めている場合が多いようです。

◆Web系スタッフのお仕事 事務系と比べても劣らないぐらいの大事な仕事となります。今では、風俗店探しはネットが主流です。よって、デリヘル店の情報がネットに掲載されていないだけで、かなり客足が鈍ってしまいます。よって、Web系スタッフのお仕事は、このような自店のサイトを作るのが第一になります。他にも、重要なお仕事は多くあります。例えば、デリヘル嬢を撮影した画像を“加工”することも大事な仕事です。昔でいう「パネルマジック」というやつです。Photoshopなどを駆使して一生懸命、デリヘル嬢のお腹をへこませたりするわけですね。こちらも「看板」となる部分なので、気が抜けない仕事となります。 厭らしい話、他にも「ステマ」だったり悪評のチェックだったり、雑務も多くあります。

※当サイトは男性向けの風俗求人に関する記事を掲載しています。女性の方は恐れ入りますがこちらの女性向け風俗求人サイトをご覧ください。

Author: admings on 2013年7月25日
Category: